iPhone紛失した時、二段階認証かけている場合どうするの?を解決

先日、カバンを盗まれた人が「スマホを探す」機能を使って犯人を追いかけた みたいなニュースが流れていました。
iPhoneで言えば、iOS13から「探す」アプリ。
確かに、盗まれた時だけでなく、単に紛失してしまった時なんかも、とても役に立つ機能です。
実際、その機能を使って、スマホを発見できたことがありました。

ただ、そこであるひとつの疑問が・・・
二段階認証(2ファクタ認証)をかけているアカウントだと、自分のアカウントで「探す」アプリにログインしようとしても、または、icloud.comにログイン使用しても、二段階認証(2ファクタ認証)が効いてしまって、関連端末に認証コードが届くから、ログイン出来ないんじゃ?? という疑問が。

そんなときにの解決方法を備忘します!
iOSデバイスをなくした時の方法ですー

二段階認証(2ファクタ認証)が作動してしまう

実際に、アプリやicloud.comにログインしようとしても、案の定、二段階認証が作動して、6ケタのパスコードの入力を求められます。
Apple Watchなどを持っていれば、そのパスコードが届きますが、たとえば、出先だったりすると、関連デバイスを持っていないことも多いはず。
友だちにAndoroid機を借りても同様。

「探す」機能だけは、二段階認証(2ファクタ認証)なしで利用できる

いくつかの方法で、アクセス出来ます。
友人のiPhoneまたはAndroidを借りて、自分のiPhoneを探すケースを想定します。

<友達がiPhoneなどのiOSデバイスを持っている場合>

iPhone(iOS端末)で「探す」アプリを使用する場合

友人のiPhoneの「探す」アプリを稼働。

「自分」タブを押して、下からせり出しているウィンドウを上へスクロール。
文字通り、「友達を助ける」という項目があります。

すると、Safariが起動して「iPhoneを探す」ページに遷移するので、自分のApple IDを入力すると、デバイスを位置が表示されます。ここまで、二段階認証(2ファクタ認証)のアラートは出ていません。

 

<iPhone・Andoridどちらでも利用できる方法>

icloud.com/find にアクセスする

これは、実は先述の、「iPhone(iOS端末)で「探す」アプリを使用する場合」と同じことで、「友達を助ける」を押した後に遷移したページが、https://icloud.com/find  ということとなります。
その後の操作は同じなので、省略します。

icloud.comにアクセスする

iPhoneをなくした時なんかは、おそらく非常に慌てている状態。
https://icloud.com/find がとっさに出てこずに、https://icloud.com にアクセスすることケースもあると思います。
ただ、この場合でも、二段階認証(2ファクタ認証)のアラートが出ても、デバイスを探すことができます。

よく見ると、「iPhoneを探す」アイコンが画面下に表示されています。
これをタップすることで、デバイスの位置情報が表示されるようになります。

kのマークが見えない時は、画面をスクロール。

 

 

まとめ:あわてずに友達にスマホを借りて icloud.com/find へアクセス

もし盗まれたりした場合だと、時間との勝負です。犯人が遠くに逃げてしまう、もしくは電源をオフにされるケースのあり得ます。
その場合、できるだけ早く対処することが肝心です。
この方法を憶えておいて、いざというときに役立つようにしましょう!

ちなみに、電源を切られても、電源が切られた位置を自動的に送信してくれる機能があるので、これもオンにしておくことをおすすめします。